脱毛で美肌になります!

「脱毛=美肌」は一見関係がないように思いますが、実は密接に関係しています。

 

毛の色素が薄くなって「お肌がワントーン明るくなった」という感想や、ほとんど脱毛完了後には「ツルツルな手触りになった」という結果報告があります。脱毛がもたらしてくれる美肌効果ですが、「直接的な美肌効果」と「間接的な美肌効果」にわけてメカニズムを見ていきましょう。

直接的な美肌効果

最近の脱毛サロンで主に扱っているのが光脱毛。その光線によって直接美肌になるという大変嬉しい仕組みがあります。

 

サロンが導入しているマシンが異なると美肌効果の仕組みが違ってくるので、まずは「IPL脱毛」を採用しているサロンについて述べていきます。こちらはキレイモや銀座カラーなどが採用している脱毛方法です。

 

ライトを照射して黒い色に反応させ、その黒い部分、つまり毛にダメージを与える、というのが光脱毛のメカニズムです。ところがなんと、このライトは黒い部分に反応するだけでなく実はお肌の奥深くまで届いているのです。

 

奥まで届いたライトはお肌を活性化させてくれるので美肌になっていく、という仕組みです。

 

次は「S.S.C脱毛」を採用しているサロンについて述べます。

 

こちらはミュゼプラチナムや脱毛ラボなどが採用している脱毛方法です。IPL脱毛とは異なってライトそのものではなく、ジェルとの相乗効果で美肌や脱毛の効果を深めていく仕組みです。脱毛サロンではライトを照射する前や後にジェルを塗ります。

 

このジェルはライトによる熱からお肌を保護するのはもちろん、美肌成分や制毛成分を含んでいる場合が多いです。ジェルに含まれる美肌物質がライトに当てられると弾け、お肌に染み込んでいくのです。熱から守ってくれて、美肌にもなれて、そして制毛効果もあるなんて、本当にありがたいジェルですね。

間接的な美肌効果

脱毛サロンに通う前まで、ムダ毛の自己処理はどのくらいの頻度で行っていたでしょうか。

 

また、お肌はどのような状態だったのでしょうか。

 

個人差はありますが、週に2~3回ほど自己処理をしていて部位によっては乾燥している、といった回答が多いはずです。お肌の不調は本来であればターンオーバーによって回復していくのですが、ターンオーバーは約28日周期。

 

週に2~3回も自己処理の刺激を与えていれば回復する間もなくダメージが蓄積されていきますね。さて上記で光脱毛による直接的な美肌効果について述べましたが、間接的にも美肌効果があることが説明できます。

 

サロンに通っているうちに脱毛効果が出て、当然ですが自己処理回数が少なくなっていくのです。さらに自己処理のスパンがどんどん長くなっていくため、必然的にお肌が回復していき、与えられる刺激も少なくなるので美肌につながっていきます。

 

自己処理の手間も省くことができて美肌になるなんて最高ですね。

関連ページ

脱毛サロンはしつこい勧誘はないの?
脱毛サロンで気になる「勧誘」について検証しています。また、勧誘にあった場合の対処法も掲載しています。
医療脱毛と脱毛サロンの違いはなに?
医療脱毛と脱毛サロンの最大の違いについて検証しています。永久脱毛で完璧を目指すか、美容効果の高い脱毛サロンで施術するか最初に決めましょう。
毛周期とはなに?
脱毛したい!と思って調べていると毛周期と言う言葉をよく聞きませんか?当サイトでは詳しく解説しています。